妊娠帯をするとしっかりと腰に巻いておくと痛みが楽に

初めての妊娠って、分からない事が沢山あるので、不安な気持ちになる事も毎日といって良いぐらいありすぎますね?マタニティーライフを快適に過ごすには、気持ちをのんびりと落ち着かせるようにしましょう。
ママが不安な気持ちでいるとお腹の赤ちゃんも外の世界で会う為に懸命に生きようとしている赤ちゃんも気持ちが不安になります。大きくお腹が出てくると腰や足の付け根が痛むかもしれません。

 

妊娠帯をするとしっかりと腰に巻いておくと痛みが楽になりますよ。妊娠中は、まず妊婦さん本人がストレスから解放されることが赤ちゃんにとっても重要なことではないでしょうか。
初めての妊娠なら特に変わっていく体や生活環境に戸惑い知らないうちにストレスが溜まっていくのではと思います。

 

そんな中で、栄養や赤ちゃんのことを考えて健康を意識することは当然ですが、無理をして行動、食事の内容に制限をかけることは精神衛生上、逆効果だと思います。まずはゆったりとした心持で過ごせることが大切だと思います。妊娠時期は元気だと思っていても体が疲れやすくなります。私の経験では特に体の不調がなかったため、つわりも落ち着いて安定してきた妊娠中期からは旅行へ出かけることも多々ありましたが、妊娠前と同じような行動は取れませんでした。

 

 

歩き続けるとお腹が張ってきたりする為、適度な休憩を入れながら普段よりじっくりと時間をかけて過ごしました。また、旅行について医師に尋ねたら、日帰りではなく宿泊をした方が良いとアドバイスを貰いました。

 

 

 

妊娠している間は体重は増えやすくなります。基本的に太りにくい体質で、大量に食べても太らないし、仮に太っても苦労せず痩せられると思い、特に制限なく好きなものを食べていました。

 

 

すると、気が付けば体重が15キロも増えてしまい、何をするのも非常に苦労しました。

 

出産してから一年経ちますが、まだ増えてしまった体重は落とせていません。
やはり一般的に言われている通り、栄養を考慮して食事も制限し、運動も欠かさずにすることが重要だと感じました。切迫早産になり私が特に注意していた事は、絶対体を冷やさないことです。暑い夏でも必ず靴下を履き、足首を触ってみて冷たければレッグウォーマーも履いていました。

 

 

もちろん裸足にサンダルなどありえません。寒い冬には腰にカイロを貼って、足先にもカイロを使っていました。暑さで冷たいドリンクを飲みたい時もこれを我慢して冷えていない飲み物や温めたものしか飲んでいませんでした。
妊娠中のときは穏やかな生活を送るように気をつけましょう。
妊娠したばかりの頃は医師にお腹が張っていると言われてもイマイチ分からないと思いますが、いえることは無理はしないことです。気持ちは妊婦前のままなので、これくらい平気とか色々やる事があって忙しくしていると気持ちが急ぎ目になりますが、労力をかけすぎると切迫流産で入院につながりかねません。
ちょっとでも身体がしんどいと思ったら、お休みになるのが最良の方法です。

 

落ち着いたスローライフもリラックスした気持ちになれて素晴らしいと思います。
妊娠検査薬に陽性反応が出た時は本当にうれしかったです、が!!その1週間後からつわりのスタート連日お布団とトイレの往復ばかり、会社に行くなんて以ての外で、食べることもままならない日々が続きました。3週間程度のことでしたが、あの頃は毎日が本当にしんどかったです。

 

 

 

落ち着いた後は赤ちゃんのために葉酸サプリを進んで摂ったり、妊娠線予防に効果的な保湿ケアクリームを塗ったり分娩の時に会陰を切られてしまうことに恐怖心もありましたがお腹のベビーとの十月十日は楽しい日々でした。
妊娠中に注意しておくべきことはたくさんあります。
季節関係なく、お腹を冷やさないこと、重たいものを持ったり、高いところに手を伸ばしたりしないこと。

 

 

 

運動は適度な範囲にとどめ、全力疾走などはしないこと、規則的な生活をして生活リズムを整えること。
全てどの妊婦さんも言われることだが、やはり一番ためになったのはこれだと思う。お腹の赤ちゃんに、優しい言葉をかけてあげること。優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、この言葉は産後もずっと忘れてはならないものである妊娠期間中はホルモンバランスが変化するため、精神的に不安定になりやすく、定期的に心を落ち着かせる時間を取ることが大切です。しかし、運動も食事も、妊婦さんには注意すべき点が多く、中々難しいですよね。

 

例えば、家での映画鑑賞や本を読んでみてはいかがでしょう。

 

 

 

お母さんが教養をつけることは将来生まれるベビーの教育の第一歩になります。

 

 

 

軽い挑戦のつもりでやってみませんか。妊娠23週目で子宮頚無力症と言われ、妊娠24週目で子宮頸管を縫宿する手術をし、自宅安静の中妊娠34週目に入りました。
正産期までまだ期間がありますが赤ちゃんも2000グラムを超えるまで大きくなってくれて、早産になってしまわないかと不安な日々ですが、産休に入り、ゆっくり過ごすことができています。ネットを見ていると同じく切迫早産や頸管縫宿術を経験された方のお話で勇気付けられています。
このまま何事も無く元気な赤ちゃんを出産できるよう、残り少なくなった妊娠生活を満喫したいと思います。